×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おきらく別府湯煙ドライブ

 ◆めくるめくレトロワールド。◆

(おきらくくらぶ’06年2/10号より)
 

         「たまにはお宿の日帰りプランでも使って、休日を優雅にゆったり過ごしてみないか?」
         とみしの提案で久しぶりの長距離ドライブに。出かけた先はかねしが最近気になる湯処。それは・・・
 
【Go、Go、別府!】
  鳥栖IC(am9:10)から大分自動車道で別府ICまで走ります。
  快適に車を走らせていると雄大な由布岳が姿を現しました。
 

 かねし「うわー、雪の由布岳だ。きれい〜♪」
 とみし「おしっ、由布岳PAに止まってみるか。」
 
  いつもは通過する由布岳PAですが、この日は雪化粧をした
  由布岳をじっくり見たくて立ち寄りました。
 
 かねし「なんだか神々しい感じすらするね。」うっとり
 とみし「こうして見るとやっぱデカいや。迫力。
       いつかは登んなきゃな。」
 かねし「うん。お鉢めぐり(※)は無理としても東峰だ
       けでも踏破したい。」
         お鉢めぐり:由布岳にある2つの頂、西峰と東峰をめぐるコース。西峰は鎖場もあり、初心者には難しいらしい。
 
         その後も車の流れは順調で、am10:30、別府ICに難なく到着。
 
  とみし「チェックインは11時半だったよな? 宿に行くにはまだ早いか・・・」
  かねし「それなら地獄の1つでも見に行かない? せっかく別府まで来たんだし〜♪」
   
【坊主地獄】・・・am10:40着−am10:50発
  ってなわけで、やって来たのは坊主地獄。国道500号線そばに
  あり、別府ICから1番近い地獄です。
 
 かねし「蒸気の音、独特な匂い・・・ 別府だねぇ。」
 とみし「ふーむ。元々ここには寺があったらしいな。
       それが460年前大地震で床下が大爆発。
       寺は吹き上げられ、一夜にして地の底に
       沈んだそうだ。」←園内の案内板より
 かねし「恐ろしや。。。」
 
  その寺があったという場所は大きなすり鉢状の穴になっていて
  今でもかすかな煙を上げていました。自然の力ってすごいな。
  
                         
※入園料:大人400円

 

 

            【坊主地獄園内】
   手入れの行き届いた日本庭園。が、あちこちで上がる
   噴煙がただのお庭でないことを物語っている。
            【坊主地獄近影】
   熱泥がお坊さんの頭のように吹き上がる様がこの地獄
   の名の由来とか。熱泥の温度は100℃前後。あちち!
   
【SPAビーチ】・・・am11:10着
  地獄観光を楽しんだ後、お宿のある別府温泉街へ。
 
 とみし「それでもCIまで、まだ20分ある・・・
 かねし「おっ!海だ!とみしくん、海があるぞ!」
 
  お宿のそばに白い砂浜と青い海が広がっていました。
 
 かねし「これが鶴見岳一気登山のスタート地点:
      SPAビーチか。」
 とみし「温泉街に白浜なんて意外な感じだな。」
 かねし「うん。人工浜だって。」
 とみし「なーんだ。」
 
  そうは言うけど、このロケーションは最高に気持ちいいぞ!

 

 

             【鶴見岳】
   一気登山とは毎年4月に行われる別府のイベント。海抜
   0mのビーチから海抜1375mの山頂まで一気に登る。
              【カモメ】
   白い砂浜でカモメと戯れてみたり。それにしてもこんな
   にたくさんのカモメ、日向ぼっこ?
   
【シーサイドホテル美松】・・・am11:30着−pm2:20発
  SPAビーチで時間を潰し、頃合を見計らってお宿にCI。今回利
  用したのはこちら、
シーサイドホテル美松の「お昼の和会席」プ
  ラン(税込¥3500)です。
 
 かねし「いかにも温泉街って雰囲気〜。」
 とみし「こういう場所久しぶりかもな。」
 
  スタッフの方の案内で客室へ。海の見えるお部屋で和会席を
  いただきます。海の幸、山の幸に舌鼓♪
 
 とみし「焼き物、煮物、揚げ物・・・ なかなかバラン
       スの良いメニューだ。」
 かねし「お味は薄めで、上品な感じ。」

 

 

             【お部屋】
   お食事は海の見えるお部屋でゆっくり。お部屋にある
   タオル・浴衣も利用できます。
              【お料理】
   この他に天ぷらと茶碗蒸し、汁物、ご飯がつく。お昼の
   量としてはこれくらいが丁度良い。
 
【お風呂でまったり】
  食事の後は温泉だ!少し休憩してから、うわさの展望風呂に
  Go!
 

 かねし「うわー、すごい開放感!」
 
  眼下に別府湾が一望!行き交う船を見ながら湯船にゆったり
  浸かれば極楽、極楽。。。 お湯は無色無臭、クセがなくさらり
  としています。
 
 かねし「海は広いーな、大きいーな〜・・・♪ っと。
       お天気はいいし、お湯はいいし、最高だね!」
 
  この日、利用客はあまりいなかったのかな?露天も内湯も貸切
  状態でした。3500円で部屋食に貸切風呂とは、なんか悪いっ
  すね〜。
←全然悪い気はしてない。

 

 

             【内湯】
   3階にある内湯。こちらも海に面してますが、ガラス窓に
   目隠しがしてあるので展望はイマヒトツ。
              【生です】
   ”100%源泉かけ流し”というのは聞いたことあるけど
   ”生の温泉”ってのはすごいな。(笑)
 
【路地裏ぶらり】・・・pm11:25着−pm3:00発
  お宿での滞在時間は瞬く間に過ぎ・・・ 2時半頃、スタッフの方
  に見送られ、美松を後にしました。でも、まだまだ遊び足りない!
  次に向かったのはJR別府駅。有料パーキングに車を止めて、路
  地散策です。
 
 かねし「色とりどりの国旗がはためいて、賑やかだ
       ね。万博みたいだ。(笑)」
 とみし「インド料理、アジア雑貨・・・ なんか多国籍
       な通りだなぁ。」
 
  縦横にあちこちに張り巡らされた路地はまるで迷路。一歩奥に
  入ると怪しい夜の街になったり・・・ 別府の街って摩訶不思議。
  今この路地裏が熱いらしく、ボランティアでガイドさんが案内して
  くれるイベントがあるとか。楽しそー♪

 

 

             【竹瓦温泉】
   風格ある佇まいが目をひく竹瓦温泉。この日は砂湯が
   工事中でした。今度はここのお風呂に入ってみたい♪
           【幸崎のぶたまん】
   路地裏には名店が多い。ここ幸崎もその1つ。小ぶりな
   がら肉の旨みと野菜の甘みが効いていて美味♪
   
【さよなら別府】
  不思議ワールド・別府を満喫し、別府ICから大分自動車道へ
  (pm3:25)、帰路につきます。車の流れは順調で、pm4:45、
  無事鳥栖ICに到着しました。
 

 かねし「温泉にレトロ、多国籍なお店・・・ 別府って
       いろんな物があっておもしろい。」
 とみし「うむ。まず食う場所には困らないよな。寿司、
       天丼、アジアンフード・・・ よりどりみどりだ。」
 かねし「それじゃぁ、今度は”別府食い倒れツアー”で
       もやってみる?お宿は素泊まりでさ。」
 とみし「おっ、それいいね〜。」
 
  すっかり別府の魅力にハマった2人。再来する日も近い?
 
                   
別府SAから見た別府の町並み。
 
<おさらい>
  今回のお出かけルートはこちら。→
   ※毎度のかねしお手製Map。位置関係を表しただけの略図なので
     お出かけの際はちゃんとした地図でご確認ください。

 
  ・ 坊主地獄は国道500号線沿い、県道11号線との合流
   点付近にあります。
 
  ・ シーサイドホテル美松はSPAビーチのお隣。別府タワー
   の裏辺りにあります。
   名物・展望露天風呂の日帰り入浴は、和会席プランでの
   み利用できます。このプランの割引券が
HPにあるので、
   印刷して持って行きましょう♪
(内湯は¥550で利用可)
 
  ・ 豚まんの幸崎は駅前商店街・ソルパセオ銀座からちょっ
   と奥へ。この辺りは色んなお店がひしめいているので、
   地図がないと散策は難しいかも・・・です。
       
※ちなみにわたし達は『九州大人のウォーカー 1月号』
          参考にしました。(笑)

 <お出かけ日:’06年1月28日>