×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おきらく雲仙ドライブ

 ◆冬は濁り湯♪◆

(『週刊おきらくくらぶ』’07年2/2号より)
 

          ついにシビックくん、ETCを装着しましたー!
 
 とみし「せっかくETC付けたんだ。割引特典使って遠出しようぜ〜。」
 かねし「通勤割引だね。いいよ、どこ行く?」
 
 
         通勤割引というのは、午前6時〜9時、午後5時〜8時、入口または出口の料金所を通過すると、
          100Km以内の通行料金が最大半額になるというもの。(適用は東京・大阪近郊外)
 
          で、向かった先はなんとなく雲仙。
 
 とみし「最寄の諫早ICまでの走行距離を100Km内に収めようとしたら・・・(地図で確認) 鳥栖ICから
       乗ったんじゃだめだな、東脊振ICで行こう。」
 かねし「東脊振・・・ 今から出て9時に間に合うかなぁ。。。」
 
 
         というわけで、am8:15、自宅より1つ先のインターチェンジ目指してバタバタ出発。特割のクリア条件は
          なかなか厳しい。
 
【ETCでGo!】
  途中ガソリンがないことに気付き、給油によるタイムロスが発生。
 
 かねし「タダ今8ジ37フン、8ジ37フン。」
 とみし「アンタは朝ズバッ!のタイムコールか?(呆)」
 
  ドキドキしながら東脊振ICを通過。バーがさくっと開くのが快感
  です。しかし問題は通過時刻。果たして・・・
 
 かねし「8時47分。やったね♪」
 
  これで東脊振IC〜諫早ICの通行料金¥2450が¥1250に。
 
 とみし「料金画面に半額で表示される瞬間がすっげー
       うれしい♪」←小市民
 
【有明沿岸ドライブ】
  雲仙には小浜を経由するのが近いのですが。
 
 とみし「島原に寄ってくか。」
 
  思うところあって島原経由で。am9:55、諫早ICで長崎道を降り
  ると国道57号線を経て国道251号線へ。しかし、通行量が多い
  うえ途中片側通行の箇所もあり、車の流れは著しく悪い。(爆)
 
 とみし「う゛ーーーー・・・ 島原まで遠いなぁ。」
 かねし「あ、海。有明海だー。」
 
  少々イライラ&お疲れ気味の2人でしたが、久しぶりに見る海は
  広々して爽快。いい気分転換ができました。
 
国道251号線沿いに広がる有明海
 
【道の駅みずなし本陣ふかえ】
  長崎名物・皿うどんを食べようと思っていた中華屋さん(←島原を
  経由した「思うところ」)が閉まっていて大ショックの2人。傷心を
  引きずって、am11:20、道の駅みずなし本陣ふかえに来ました。
 
 とみし「ここに来るの久しぶりだな。」
 かねし「うん。4年半ぶりかな?」
 とみし「そういやここでミヤマキリシマの株買ったな。」
 かねし「枯れちゃったけどね。しくしく・・・」
 
  みずなし本陣ふかえは食事処がいくつかあるので、食べるのに
  困りません。軽食コーナーでちゃんぽんと皿うどんを食べ、お腹が
  落ち着いたところで雲仙へ。pm12:05、国道57号線をゆるゆる
  と上って行きます。
 
【雲仙地獄めぐり】
  雲仙と言えば地獄めぐり。
 
 とみし「えーっと、雲仙地獄に来るのは・・・」
 かねし「3度目だね。」
 
  pm12:40、地獄に到着。何度来ても、硫黄臭むんむん、湯煙
  もうもうの雲仙地獄は迫力。有料駐車場に車を止め(¥410)、
  地獄内に張り巡らされた遊歩道を歩きます。
 
 かねし「おや、こんな所にネコが。ここだと地熱で暖か
       いのかな?」
 とみし「おーい、温泉卵食おうぜ〜。」
 
  白煙に包まれて卵を食べてると、自分が蒸されているみたい。。。

 

 

<温泉卵>

<雲仙地獄のネコ>

    地獄内で売られている温泉卵は5個で300円。ほく
    ほくのあっつあつで美味です。広告で包んだ塩もなん
    となくレトロでいい感じ。
    温泉卵を売っているおばあちゃんのお店にいたネコ。
    2匹寄り添って暖をとっている姿はほのぼの〜♪人
    慣れしていて近寄っても逃げません。

 

 

        お糸地獄、大叫喚地獄・・・ あちこち巡り、地獄を出たところでトイレ休憩。しばらくして戻って来ると、
        待ちくたびれたのか、とみしがしゃがみこんでいました。しかし、なぜかその膝の上にはネコが1匹。
 
 かねし「なに和んでんの?」
 とみし「いや、ネコの方から乗ってきたんだよ。」
 
        かねしに気付いたそのネコは、ぴょん!ととみしの膝から降りると、今度はかねしの足元をすりすり。
        「かまって〜♪」と言いたげに、お腹を見せます。
 
 かねし「こ、こいつ、かわいい・・・
 
        観光客にもかわいがられているんだろうな。体もふくふく。雲仙地獄のネコ達は幸せそうです。
 
【雲仙小地獄温泉館】
  pm1:00、かわいいニャンコと別れ、小地獄温泉に向かいました。
  小地獄温泉館は車で5分程のところにあります。
 
 かねし「山小屋風の佇まいが雰囲気ある〜♪」
 
  小地獄温泉館は日帰りの温泉施設です。入浴料は大人400円と
  お手頃。
 
 かねし「内湯だけとはいえ、裏の地獄から直接引いて
       るお湯は硫黄臭ぷんぷんで最高だね。それに
       この緑がかった白濁色、美し〜♪」
 とみし「ぬる湯もあるから、いくらでも入ってられる。」
 
  とはいえ、温泉成分はかなり濃いので入りすぎは注意。
   
【小浜 山口海産】
  濁り湯を満喫し、pm1:55、国道57号線で小浜方面に下ります。
 
 とみし「お、海産物の店がある。寄って行こう。」
 
  せっかく海の近くに来たんだもんね。pm2:20、山口海産に立ち
  寄ります。
 
 とみし「さっきからいい匂いがするんだよな〜。それ
       にこのプシュー!って音、一体なんだ?」
 かねし「とみしくん、これこれ、お魚せんべい♪ 香ば
       しくておいしいよ〜。」←ちゃっかり味見
 
  お魚を丸ごとプレスした豪快せんべい。美味です。
 
しかし、購入したのは塩昆布と珍味・干とんび(イカの口)。
 
【千々石展望台】
  pm2:35、海産物もGetし、国道251号線を北上します。
 
 かねし「ここまで来たならぜひともアレが食べたい。」
 
  かねしの言うアレとは、千々石名物「じゃがちゃん」。pm2:50、
  千々石展望台に車を滑り込ませます。
 
 かねし「うンま〜い♪ 橘湾の絶景を見ながら頬張る
       じゃがちゃんは格別だね。」
 とみし「温泉卵にお魚せんべい、じゃがちゃん・・・
       今回は行く先々でよく食べるなぁ。」
 かねし「ホント、だらだら食いドライブだね。(笑)」
 
                        千々石展望台から見た橘湾

 

 

<じゃがちゃん>

<橘湾の海上を舞うトンビ>

    千々石の特産品・じゃがいもを丸ごと蒸し、衣をつけ
    て揚げたもの。(1本¥150)最近は定番の塩味の
    他、色んなソースがある。
    薄日に照らされてキラキラ光る海上を、優雅に飛ん
    で行くトンビ。とみし、こん身の1枚です。
    
【帰路】
  旅の最後をじゃがちゃんで締め、pm3:05、帰路に着きます。
 
 とみし「うーん、今から諫早ICに乗ると東脊振ICに
       着くのは5時前になるなぁ。。。」
 かねし「どこかでお買い物でもしてく?」
 
  と、諫早から国道34号線を北上し、pm4:05、やって来たのは
  
ジャスコ大村店。(爆) 夕飯の買い物をしながら時間を潰し、pm
  4:30、大村ICへ。
 
 とみし「大村IC通過がpm4:45。バッチリだね。」
 
  とみしの読みが当たり、東脊振ICに着いたのがpm5:35。通勤
  割引の条件をしっかりクリアし、大村IC〜東脊振IC間通行料金
  を¥1100に抑えました(通常¥2150)。ぶらぼー♪
   
 とみし「半額ってやっぱ大きいわ。往復で通行料は片道分だもんな。こりゃ旅の楽しみが広がるゾ。」
 かねし「うん。今度はどこ行く?」
 
        ETCの通勤割引に、すっかり味をしめたとみし&かねしでした。
<おさらい>・・・今回のドライブルートはこちら↓ (※毎度のかねしお手製Map。お出かけの際はちゃんとした地図でご確認を)

    ・ 雲仙小地獄温泉館は温泉街から少し離れた所にあります。国民宿舎青雲荘を目指すと行きやすいです。
    ・ 山口海産は国道57号線と国道251号線の交差点側。ホテルオレンジ・ベイのお隣です。
    ※ETCのお得な割引についてはこちら、西日本高速道路株式会社の「ETCフル活用ガイド」をご覧ください。
       なお、割引後の通行料金は24捨25入で、50円単位に端数は処理されます。