×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小野屋温泉

◆ コーラ風呂?! ◆

(おきらくくらぶ2007年3/9号より)

 本日のお湯
【小野屋温泉】
  酒屋さんに隣接してある小野屋温泉。それと言うのも
 こちら、元々は造り酒屋さんで、仕込み用の水を汲もう
 と井戸を掘ったところ温泉が湧き出したのだか。そのお
 湯は九州には珍しい黒湯。こうして一般に開放してくだ
 さるとはありがたい限りです。
  お風呂は内湯のみ。真っ黒なお湯は見た目と違い、
 全くクセがありません。無味無臭、つるつるした肌触り
 で気持ちいいです。しかし、うたせ湯もカランも源泉とは
 太っ腹。(笑)
     <お風呂データ>
      ・入浴料 :大人150円  ・風呂施設 :内湯男女各1
      ・その他施設 :宿泊施設有

 

 

【お風呂】

【コーヒー色のお湯】

    真っ黒なお湯を満面と湛えた広い岩風呂。画像は切
    れてますが、トタンの屋根がなんともレトロです。
    泉質は単純泉。地中に堆積した植物が分解されて
    こんな色になるのだとか。


 

大分川の畔にある小野屋温泉。浴場裏のベンチに座るとこんな風景も。

 
 本日のお食事
【かぐらちゃやのかぐら定食】
  大分の郷土料理・だんご汁に地鶏飯、小鉢2品が付
 いた「かぐら定食」。(¥750) 丼で出されるだんご汁は
 長く伸ばしたもちもちだんご(きしめんをさらに太くした
 感じ)とお野菜がたっぷり入っていて、これ一品でかなり
 お腹いっぱいになります。
  この他にも「うどん定食」など4種類の定食メニューが
 ありますが、どれも同じように地鶏飯と小鉢2品が付い
 て¥750。このお値段でこのボリューム、うれしいです。
 
地元のお母さん達による手作り料理。
  やさしい味に、お腹もココロもホッと温まります。
  小鉢のおかずも、どれもうンまーい♪

 

 

<小鉢メニュー>

<かぐらちゃや>

    定食に付く小鉢2品は、7〜8種並んだショーケース
    の中から自分で選びます。単品でも¥100で食べら
    れる。(お漬物はセルフです。)
  
    三角の屋根が目を引くかぐらちゃや。店内には地元
    のお野菜や特産品がいっぱい。奥がお食事処になっ
    ています。
  
 本日のお立ち寄り
【神楽殿】
  庄内町は神楽の町。11月3日には庄内神楽祭りが
 開催され、4月〜10月には定期公演も行われます。
 その舞台となるのが神楽殿。横15.8m、奥行き8m
 という大舞台です。(画像右)
  庄内町には12の神楽座があり、大蛇退治や岩戸開
 き等日本神話をベースにした舞は大変勇壮だとか。
 ぜひ1度見てみたいです。
 
       ※神楽イベント情報は、庄内町のオフィシャルサイト
        
確認できます。

 

 

【総合運動公園】

【みことちゃん】

    神楽殿のある総合運動公園の広場(神楽開催時は
    観客席になるのかな?)からは、鶴見岳がきれいに
    見えます。
 
    庄内神楽のシンボル・みことちゃん。国道210号線
    から神楽殿への入り口にあります。実は素戔鳴尊
    なのだとか。ちょっとかわいい。
 
 おきらく湯上りTalk
 かねし「噂通りの真っ黒、コーラ湯! いやはやびっくりしたなー。」
 とみし「しかし見た目とは裏腹に、実になめらかなお湯だった。」
 かねし「うん。お陰でお肌しっとりつるつる♪」
 とみし「クセのないお湯で、あんまり熱くもなかったからな。 ゆっくり浸かれたよ。」
 かねし「そうそう。 それに保温効果も抜群だよねー。半身浴でもじわじわ〜って温まってくるんだ。
       冷え性にはうれしいのぉ〜。」
 
        体の芯から温まる美肌の湯といい、レトロチックな佇まいといい、かねしにとってもツボなお風呂でした。
 
 おさらい

   ・ 小野屋温泉は小野屋入口の信号から大分川の方へ、国道210号線(小野屋橋)の下をくぐり、県道52号線との
     分岐近くにあります。道中案内標識もなく、看板も小さいので見落し注意。
←迷ってグルグルした人
 
    ・ かぐらちゃやは国道210号線沿い。
 
    ・ 神楽殿は総合運動公園を目指すと行きやすいです。
 
 おまけ
【ゆふいんの森号】
  帰り、庄内から国道210号線を湯布院ICに向かって
 いると、すぐ隣を特急・ゆふいんの森号が。国道と平行
 してJR久大線が通っているので、しばらく並んで走りま
 した。
  画像は助手席からかねしが撮ったもの。思いがけず
 うまく撮れたので載せちゃいます。(笑)
 
  かねし「いつかアレで由布院に行くのが夢なんだ〜。」
  
とみし 「由布院なら車で行けるし、実際何度も行ってるだろ。」
  
かねし「うんにゃ。あの列車に乗りたいんだよ。
        くーっ、かっちょいいな〜、ゆふいんの森号!」
←列車好き
 
緑の車体・ゆふいんの森号には黄色い菜の花がよく似合う♪