×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*十四の景 紅葉に染まる光明禅寺*
(福岡県太宰府市)

<2005.11.18 Photo By かねし>

 
      福岡県太宰府天満宮の賑やかな参道から少し奥に入ると、静かな禅寺があります。
      鎌倉中期、牛鉄円心和尚が創建した臨済宗のお寺、光明禅寺です。 最近は紅葉
      スポットとして注目を集めています。
      九州最古の枯山水と言われる2つのお庭、前庭「仏光石庭」と後庭「一滴海之庭」。
      ともに白い砂に色づいた紅葉が美しく、特に後庭は青い苔とのコントラストが見事です。
 

                <前庭>
    15の石で”光”という字を表現した仏光石庭。見て
    いると静かな気持ちになります。
                <後庭>
    苔と白砂で陸と海を表わしているという一滴海之庭。
    こちらのお庭を見るときは拝観料200円を賽銭箱に。

 

 

   <アクセス>
      ・西鉄太宰府駅から徒歩約10分。太宰府天満宮方面へ歩き、境内入口で右折します。(標識有)

Home   Menu