×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*おきらく基山に登る*

 ◆山頂最高ー♪◆

(登山日:’05年10月16日)
 

      穏やかに晴れた土曜日のこと。 「先週九千部山に行ったばかりだし、今週は家でおとなしくしておこう。」
      そう思っていたのに、雲ひとつない青空を見たらいてもたってもいられなくなりました。急いでザックに荷物を
      詰めると、近所にある基山へと向いました。
 
【スタート】
  基山山頂へはJR原田駅に近い登山口から登るのが普通ですが、
  今回は車の関係で、天拝湖筑紫野市総合公園駐車場を出発点
  にしました。ここは基山〜天拝山縦走路の途中になります。
 

 とみし 「こんな所に、こんなきれいな公園があるとは
       知らなかったな。」

 かねし「うん。ちょっとした行楽にいいよね。家族連れ
       もいっぱいだ。」
 
  am10:50、基山に向って出発。ちなみにここから山頂までは
  5.0Km。
 
 【天拝湖】
   まずは登山路となる九州自然歩道を目指します。湖(ダム)
   の横をぽこぽこ。
 

 かねし「よく整備されたダムだね。」
 
とみし 「それにかなり大きいゾ。この周り歩くだけで
       いい運動になりそうだ。」
 
かねし「じゃぁ、このままぐるっとお散歩して、さっきの
       公園でランチにする?」
 
とみし 「おぃ・・・(汗)」
 
かねし「冗談だよ。(笑) でも、日頃の体力作りにここ
       でウォーキングというのも気持ち良さそう。」
   
【平山集落】
  総合公園を出、皐月ゴルフ場の脇を下ると集落に出ました。
 

 かねし「ここが登山ガイドにある平山集落かな?」
 
とみし 「自然歩道の入口がわかるか心配だったんだ
       けど・・・。」
 
かねし「ここまでずっと標識だけで来れたね。」
 
  
 基山へは道のポイントに標識が出ているので、迷うことはなさ
   そうです。田んぼの中を歩き、民家の間を抜けて行きます。

 とみし 「なんかここまで全然山歩きっぽくないな。」
   
 【九州自然歩道入口】
   am11:35、九州自然歩道・基山コース入口に着きました。
 

 かねし「ここからいよいよ山登りだね。」
 
とみし 「山頂まで1.7Kmか。このコース、半分以上
       が舗装路だな。」
 
かねし「うん、それだけに3kmの距離を45分で歩い
       て来てしまった。 このタイムは今までで最速
       だゾ。」
 
とみし 「・・・・・。」
 
    ヘッピー(へっぴり腰)かねしも平坦路は強い。(笑) さくさくっ
    と行くよ、さくさくっと♪
 
【竹林】
  自然歩道に入り、畑の脇を進んで行くとやがて竹林に。
 

 とみし 「民家、畑、竹林・・・ 里山だな。今回は山登
       りというより里山歩きだ。」
 
かねし「うん。入口からここまでも、登山道っていうよ
       り生活路って感じだもんね。しかし、竹林は
       いいね〜。凛とした空気が漂ってるよ。」
 
   薄暗い竹やぶの中、よく踏み込まれたなだらかな道を登ります。
   
 【杉林】
   竹林を過ぎると今度は杉林になりました。この辺りに来ると
    所々ゴツゴツとした山道らしい道に。
 

 かねし「この道、自然石を生かした石畳みたい。」
 とみし 「そういや、この上に城跡があったな?昔の人
       も行き来してたのかねぇ。。。」

 かねし「おや?これは・・・ 九千部山で見たのと同じ、
       掘り返した跡!」
 
とみし 「じゃぁ、ここにも猪が?」
 
かねし「いや待てよ・・・ わずかにタイヤ痕が見える。」
 
    こんな山道を走る車って???
   
【山頂まであと0.1km】
  山頂手前でモトクロスの一団と出会いました。猪の正体はバイク
  だったのか。(笑)
 
 とみし 「礼儀正しい人達だったな。」
 
かねし「徒歩とバイク、手段は違っても山を楽しむ気
       持ちは同じなんだろうね。」
 
  自然林を抜けると、青い空と広い草原が目の前に。
 
 とみし 「ひゅ〜、気持ちいいー!」
 
かねし「すごい。山の稜線がきれいに見える!」
 
  山頂まであと0.1km。思えばここが1番のピークでした。
  (画像右。草スキー場でもあるだけに足元が滑る滑る。/笑)
   
 【基山山頂?】
   pm12:20、基山山頂に到着。
 
 かねし「うわ〜♪ 脊振山、九千部山、耳納山、古処
       山、宝満山・・・、博多湾も見える!」

 とみし 「おい、古処山の向こう、英彦山まで見えるゾ。
       すげー!」
 
    360度の大パノラマに2人とも大感激♪広々とした草原といい
    基山山頂は最高に気持ちのいい頂です。
    左画像の中央に写るのは基肄城跡(きいじょうあと)の石碑。
 
 かねし「ところで、肝心の頂を示すものが見当たらな
       いんけど・・・?」
   
【こっちが山頂】
  基肄城跡の反対側に目を向けると、台形状に盛り上がった場所
   が。その上に登ると石祠がありました。
 
 とみし 「ここが山頂らしい。」
 
かねし「でもそれらしい印はないね。」
 
   えー、標識の類はありませんが一応標高は404.5m。祠の
   後ろにある巨岩は「タマタマ石」と呼ばれる基山のご神体です。
 
   その向こうに見える、先の尖った石碑は天智天皇の記念碑。
   「何故この地に天智天皇の?」と思ったら、この山頂にあった
   基肄城は、天智天皇の時建てられたものだとか。大宰府を唐・
   百済から守る要所だったそうです。歴史的な場所なんだなぁ。
 
      先程の広場でお昼にします。この日のメニューはとみし:カレーライス、かねし:おにぎり&カップスープ。青空の
      下、広々とした場所で食べるのは気持ちがいいです。山頂の空気を思う存分満喫してから、pm1:15下山開始。
      来た道をたどり(自然歩道入口pm1:50通過)、pm2:25、筑紫野市総合公園パーキングに無事戻りました。

 

 

 
  基山山頂は、展望も居心地も最高♪ 広々とした草
  原はまるで小さなくじゅう。身近にこんな気持ちのい
  い場所があったなんて、ちょっとした発見でした。今
  度は原田駅の方から登ってみたいな。
  先日歩いた九千部山より近いし、度々訪れることに
  なりそうです。
 
      画像は山頂手前100mから見た天拝湖。
      あそこから歩いて来たのか〜。しみじみ・・・

 

 

<立ち寄りスポット>・・・今回、とみし&かねしが立ち寄ったのはこちら
【二日市温泉 御前湯】
  古くから人々に親しまれてきた二日市温泉。万葉集
 にも読まれたという古湯です。こちらは公衆浴場の御
 前湯。公共だけに料金が安い!雰囲気も銭湯みたい。
 アルカリ性単純泉のお湯は無色無臭(ちょっと塩素臭?)
 で、触るとつるつるします。
  【お風呂データ】
    ・入浴料:大人¥200
    ・風呂施設:内湯男女各1。
    ・その他施設:休憩所(有料)、売店等。
    ・その他:シャンプー・石けんなし。ドライヤーは3分10円。
          駐車場は市営or私営パーキングを利用。
    *御前湯HPはこちら
   
<おさらい>
  今回のお出かけルートはこちら。→
    ※毎度のかねしお手製Map。お出かけの際はちゃんとした地図で
       ご確認ください。

 
  ・ 天拝湖へは、県道137号線沿いに筑紫野市総合公園の
   案内標識があります。
 
  ・ 筑紫野市総合公園(入園無料)の開園時間は、3〜10月
   は9:00〜18:00、11月〜2月は9:00〜17:00です。
   閉園すると駐車場も施錠されるので、利用するときはご注
   意を。
 
  ・ 『御前湯』は二日市温泉街の中にあります。県道31号線
   から見える旅館・大観荘の裏手辺り。近くには博多湯、バ
   ーデンハウスもあるので、目移りしそう・・・(笑)
   

Home   Menu