×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

湯布院ドライブ
 
〜 サブタイトル:久住ドライブ再び 〜 

 憧れの湯布院のお宿、かねしの妹のねばりで予約GET♪(妹よ、あなたはえらい!)
妹夫婦と湯布院に1泊旅行することになりました。   (2000年10月14日〜15日)
  

Let’s ドライブ!

〜 1日目 〜

1.出発 (a.m 8:50)
    1日目は、別行動にしました。(車2台連なって行くのは難しいから。) 御宿 一禅で午後3時集合を
   約束し、それぞれの旅程を楽しみます。
    わたし達は久住(九酔渓の桂茶屋で昼食&デザートに高原堂のソフトクリームを食べるのさ♪:「久住ドライブ
   参照)
、湯平温泉を周って湯布院を目指すコース。旅費節約のため高速を使わず、国道210号線
  で九重方面に向います。でも日田〜玖珠はドライバー泣かせのカーブが続くので、この間は高速
  道路を利用します。
   

   
2.竜門の滝 (a.m10:55着 〜 a.m11:10発)
    玖珠ICで高速を降りた時点で、10時過ぎ。
   
桂茶屋でお昼を食べるには、まだ時間があり
   ます。そこで玖珠ICから12kmのところにある
   竜門の滝へ行くことにしました。
    竜門の滝は高さ20m幅40mの2段落とし
   の滝です。夏は川遊びをする子供達で賑わ
   いますが(キャンプ場も有る。)、初秋のこの日は
   ひっそりしていました。

    滝側のお堂にあるもみじといちょうが、ほん
   のり色づいていました。紅葉が楽しめるのは
   もう少し先かな?      

 

   
3.九酔渓 (a.m 11:30着 〜 p.m12:20発 昼食)
   豊後中村から県道40号線で九酔渓へ。以前来たときは雲がかかってよく見えなかったけど、
  今回は快晴、深い渓谷がきれいに見えました。感動♪ 紅葉が平地よりだいぶ進んでました。
   さすがにここまで登ってくると、ちょっと肌寒い…、ぶるっ。 温かいおソバが食べたいな。
  桂茶屋は相変わらず賑わっていました。見晴らしのいいテーブルを確保して、カウンターへ食券
  を買いに行きます。地鶏そばと地鶏うどんを注文すると、
   
    「うどんはそばより遅いポン! そばが食べ終わる頃に出来るポン!」
   
  「??」と思って、カウンターのお姉さんの顔を見ると、なんとタヌキ!(のメイクをしている。)
     
    「2つともそばにするポン? ざる豆腐は、白と黒があるポン! 白にするポン?」
     
  見事なまでのタヌキ語…。
    
    とみし:「ポンポンポンポンうるさいポン! でも、そばも豆腐もうまいポン!…あれ?」
                                              
※タヌキ語の感染に注意。
   

【桂茶屋@6/18撮影】
前回の久住ドライブで撮影したもの。

【桂茶屋@10/14撮影】
今回撮影したもの。紅葉してるのがわかるポン?

   

   
4.牧の戸峠 (p.m12:40着 〜 p.m13:00発)
    「九酔渓での昼食の後は、高原堂のソフト
   クリームを」と思ってたのですが、さすがに
   お腹いっぱい。そこで、牧の戸峠まで足を伸
   ばすことにしました。
    牧の戸峠は、前回3回行って、3回とも雨
   だったという、私達にとっては因縁の峠。今
   回はいいお天気だったので、軽いトレッキン
   グを楽しむことができました。ドライブインに
   車を止め(登山客でいっぱい!)、歩いて5分の
   所にある展望台へ。一面のすすき野原、その
   向こうに連なる雄大な久住の山並み。15分程
   の山歩きだったけど、気持ち良かったです。

   

   
5.久住ドライブ (p.m13:15 〜 p.m13:30)

  牧の戸峠散策後、来た道を戻り高原堂へ。
 高原堂のソフトクリームは、やっぱりおいしい♪
  向かいの飯田高原ドライブインでたくあんを
 Getした後、車に乗り込み湯平温泉へ向かい
 ます。やまなみHW(11号線)を北へ、朝日台を
 過ぎた辺りに無人の野菜販売所を発見。採れ
 たて新鮮キャベツが、なんと100円! 迷わず
 Get♪ 写真左は、販売所の裏手に広がるコス
 モス畑です。
   

   
6.湯平温泉 (p.m14:10 〜 p.m14:50)
   やまなみHWから537号線へ。湯平温泉は、
  深い山間の温泉街。入口がちょっとわかりに
  くいのでご注意を。(観光用無料駐車場を目指すと
  わかりやすいかも。)駐車場に車を止め、川沿いを
  歩き温泉街へ。石畳の坂道がなんとなく懐かし
  い。今回私達が選んだのは、公衆浴場・銀の
  。街に入ってすぐの所にあります。入口横に
  祀られたお地蔵様の賽銭箱に、入浴料(100円)
  を入れて入ります。浴室は小さな内湯が1つ。
  ちょっと昔の銭湯を思わせます。
   お湯は無色無臭、さらりとして気持いいです。

   

   
7.御宿 一禅 (p.m15:35着)
    湯平から国道210号線で、本日の目的地:湯布院へ。 湯平から湯布院までは、車で約20
   分。混雑もなくスムーズに来れたのですが、肝心の御宿 一禅の入口がわからず、気が付く
   と、狭霧展望台(「久住ドライブ」参照。)まで来ていました。せっかくなので車を降り、湯布院の
   町並みをしばし眺めます。
    「今度は間違えないように。」 慎重に216号線を走ります。「←金鱗湖」の標識を過ぎた所に、
   「御宿 一禅入口→」の小さな看板発見! 細い路地を山方面へ登っていくと、木々の中に
   ひっそりと建つ純和風の建物が。そこが御宿 一禅でした。 ここで妹夫婦と合流。 打ち水で
   濡れた石畳を歩き、落ち着いた色合いの暖簾をくぐると、宿の方が暖かく迎えてくれました。
    静かな離れの2間続きの広いお部屋、小さいけど落ち着きのある露天風呂(乳白色のお湯が
   肌に気持ちいい♪)、おいしいお料理(鮎の山椒焼きは絶品!)、まさに、至れり尽せりのお宿でした。

    

     

<1日目のおさらい>

   

   

〜 2日目 〜

1.金鱗湖 (a.m7:20 〜 a.m7:50)
   1日目の夕食前にみんなで金鱗湖周辺を散
  策したのですが、朝霧を見に再び金鱗湖へ。
   金鱗湖は温水の湖。空気が湖の水温より低
  くなると、有名な朝霧が発生します。この日は
  この秋1番の冷え込みだったのですが、霧は
  出ていませんでした。霧に煙る幽玄な金鱗湖
  が見れるのは、もう少し先かな?
   金鱗湖と下ん湯(写真右藁葺き屋根)、おしゃれ
  なギャラリー(写真左)、山裾から立ち昇る白い
  煙…。金鱗湖の遊歩道(お社方面に行った橋の上)
  から見える景色は、湯の街・湯布院を象徴す
  る風景の1つです。

   

   
2.出発 (a.m9:25)
    朝の散策の後、おいしい朝食(思いっきり和食。美味♪)を食べて、ゆっくり出発。 2日目は
   一緒に
くじゅう花公園に行くことにしました。 (久住再び…。「だって好きなんだもん!」 By かねし)
    やまなみHW
(11号線)に出て一の宮方面へ、瀬の本から国道442号線を東へ走ります。  
   

   
3.くじゅう花公園 (a.m10:45着 〜 p.m12:10発)
    「秋の花=コスモス?」くらいにしか思ってなかった、かねしの貧弱な花知識。 ところが、
   くじゅう花公園は、様々な色と様々な種類の花が、広い園内にあふれるように咲いていました。
   サルビア、ケイトウ、マリーゴールド、パンジー…。他にも見たことのない、変わった花々が、
   たくさんありました。秋の花って、いっぱいあったんだなぁ。
   


   

〜 とみしの花写真館 〜

   

               【サルビア】
   赤と青のコントラストが見事。白いサルビアは初めて
   見ました♪

               【ひまわり】
   秋なのにどうしてひまわりが咲くの?不思議〜。
   後ろに見えるのは、久住の山なみです。

   

               【コスモス】
   秋の花を代表するコスモス。やっぱり、きれいだな。
   このコスモスは、ちょっと丈が低くて見やすかった。
               【ケイトウ】
   ミニ丈のケイトウ。ケイトウはあんまり好きじゃなかっ
   たんだけど、これは色もパステル調でかわいいな。

     

     

  くじゅう花公園は、花の迷路。
 
   「あれ? Aちゃん(※)親子は?」
     ※かねしの妹。プライバシー保護のため伏字。
  
  仲良くコスモスの小道を歩いていました。
                    (激写 By とみし)
     
      

 
   

   
4.星ふる館 (p.m12:15着 〜 p.m13:25発)
    くじゅう花公園をぐるりと1周してきたら、もうお昼。 お腹もすいてきました。
   昼食は、花公園から車で約5分の星ふる館へ。名物「豊後牛の溶岩焼き」を味わいます。
   熱した溶岩石の上にお肉を置いて、じゅーじゅー焼いて食べます。余分な脂が溶岩石に
   吸い取られるので、さっぱり&ヘルシー♪ でもボリュームは、かなりあります。(笑)
    デザートは、向かいのいずみや高原店の黒ごまソフトクリーム。香ばしくて美味♪
   

   
5.帰途 (p.m5:00)
   デザートの黒ごまソフトまで食べて、お腹いっぱい。 帰りは、やまなみHWから色彩ロードを
  経て国道210号線へ。玖珠ICから大分自動車道で一気に上り、p.m4:00、無事帰宅しました。

     

      

<2日目のおさらい>

   

おまけ
 ところで、Aちゃんは1日目、どういうコースを周ったのかな?

   
  

   

    えっとね〜、高速で一気に別府まで行ったの。途中、
   別府湾SAで休憩したよ。眺めがよかったな。
(別府湾
   SAについては「別府ドライブ」参照)
    別府では、ケーブルラクテンチで色んな動物を見た
   んだけど、あひるレースがおもしろかった〜。 1口
   100円で、当れば景品がもらえるんだよ♪ それから、
   SPAビーチで遊んで、おやつに海地獄の地獄プリン
   とニュードランゴンのロールケーキを買ったの♪
                           
Aちゃん談
   
     
ケーブルラクテンチ
      
  別府の遊園地。動植物園もある。高台にあるので、別府
        市街地が一望できるそうです。名物あひるレースは大人
        の方が燃えるらしい…。

      
 

       

 なるほど、なるほど。動物園が入ってるあたり、親子連れコースって感じだね。