×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おきらく紫陽花ドライブ

◆やっと実現。◆

(『週刊おきらくくらぶ』’04年6/11号より)
 

           梅雨に入って1週間。薄曇りの日曜日のことでした。
 
 かねし「う〜ん、絶好の滝日和だね。」
 とみし「どうしても行くの?」
 かねし「そういう約束だったでしょ。」
 
         飲み会に行くのと引き換えに、かねてから念願だった
あじさいの名所・見帰りの滝へ連れて行くことを約束
        させたかねし。(脅しともいう)
 
 とみし「は〜るこ〜ぉろ〜ぉの〜♪」 ←瀧廉太郎を歌い、誤魔化そうとするものの・・・
 かねし「その滝じゃないっ!」 あっさり失敗。
 
         これはもう行くしかない。というわけで、東脊振ICから長崎自動車道へ(am10:15)、多久ICを目指します。
 
【見帰りの滝 あじさいまつり】
  多久IC(am 10:35)から国道203号線を経て県道40号線へ。
 am 10:55、相知町・見帰りの滝に到着。あじさいまつり期間中の
 ため車は臨時駐車場に。滝へはシャトルバスで向います。清掃協力
 金200円を払い、いざ入場。
 
 かねし「うわ〜、入口から紫陽花がいっぱい〜♪」
 とみし「かねし、急げ!バス来てるゾ!」
 
  都合よく止まっていたシャトルバスに飛び乗ります。
坂道をゆっくり
 上っていくバスの窓から、渓流沿いに咲き乱れるたくさんの紫陽花が
 見えました。まさに紫陽花の谷。
 
  滝入口。早速紫陽花がお出迎え。
   
 とみし「それにしても。。。どうしてそんなに滝好きかなぁ、この女。」
 かねし「えー、いいやん滝。 マイナスイオンびしばし!って感じで。」
 とみし「マイナスイオンねぇ・・・」
 かねし「それにこの見帰りの滝、『日本の滝百選』にも選ばれた名瀑なんだよ? 落差は九州一さ♪」
 とみし「ホント?」
   
【見帰りの滝】
  本当です。その落差100m。あじさい橋(つり橋のような細い橋)を渡り、展望台
  からその全景を眺めます。(画像右
 
 とみし「イマヒトツ落差を感じないんだけど・・・」
 かねし「がーん!と垂直に落ちるタイプじゃないからかなぁ?」
 とみし「まぁいいや。近くまで行ってみようぜ。」
 
  遊歩道を歩いてしぶき橋(滝壺に1番近い橋)へ。
 
 とみし「やっぱ近くで見ると迫力あるな。この水しぶき!」
 かねし「わ〜、マイナスイオンびしばし〜♪ すーはーすーはー・・・
       とみしも吸って、吸って!」
 とみし「・・・・・。」
 
  マイナスイオンをたっぷり吸った後、来た道を戻ります。帰りは徒歩で。
(※)
 道や谷を彩る紫陽花達を観賞しながら、ぽくぽく歩きます。
             お年寄り、身障者の方は、帰りもシャトルバスに乗れます。
 
 とみし「こうして見ると、紫陽花って色んなのがあるんだな。」
 かねし「うん。」
 
        ヒメアジサイ、ガクアジサイ、ヤマアジサイ・・・ 色も形も様々な紫陽花にしばしうっとり。。。
 

◆◇◆ 紫陽花コレクション ◆◇◆

   
        紫陽花を堪能し駐車場に戻ると、いい時間になっていました。さてお昼ご飯ですが・・・
 
 とみし「ここまで来たなら、やっぱあそこだろ。」
 かねし「だよね。」
 
        「唐津に進路を取れ!」 am 11:40出発、県道40号線を北上します。
 
【おさかな村】― pm 12:05着〜pm 1:00出発
  国道202号線バイパス沿いにあるおさかな村は、海産物が揃った
 とみし&かねしお気に入りスポット。本日のお目当てはこちら。
 
 とみし「きたきたきたきたーー!」←歓喜の叫び
 
 
  おさかな村2Fレストランの「おさかな村丼」です。
   新鮮なお魚は刺身として食べるももよし、薬味と一緒にご飯に
   乗せ海鮮丼で食べるもよし。1粒で2度おいしいこちらのメニュー、
   汁椀、茶碗蒸、いかシュウマイが付いて、¥1500(税別)です。
 
 とみし「あまりのうまさに、ご飯おかわりしちまった♪」
 かねし「信じられん。コヤツ、ツマと特製タレだけで2杯
       目食いやがった・・・」 恐るべし、とみし・・・!
 
        食事の後は、恒例の温泉イベント。近くには鏡山温泉もあるのですが・・・
 
 とみし「ちょっと気になる所がある。」
 かねし「それって今年できたとかいう・・・? でも、あれ玄海町だよ?遠くない?」
 とみし「なんのなんの。」
 
        温泉のためなら苦労もいとわない。あっぱれとみしの温泉魂。(サウナ魂か?) 国道204号線から県道23
       号線を経て県道292号線へ。ひたすら西へ走ります。さて、とみしが気になる温泉とは・・・
 
【玄海海上温泉 パレア】― pm 1:40着〜pm 3:40出発
  その名の通り、海の上に建つ建物にびっくり。内装は打ちっぱなし
 のコンクリートに木材をあしらったシンプルなもの。大きな窓からは穏
 やかな仮屋湾が一望できます。お湯は無色無臭。
 
 かねし「つるつる、肌触りが気持ちいいお湯だったね。」
 とみし「露天、海が見えていいな。開放感がある。
       いっそのこと、あの木の塀なくした方が・・・」
 かねし「そんなことしたら、外から丸見えだよ〜。(汗)
   <お風呂データ>
    ・入浴料:大人500円
    ・風呂施設:内湯、露天男女各1。サウナ、家族湯有り
    ・その他施設:休憩所、食事処、物産コーナー、トレーニング室、
             プール等
   
 とみし「滝だけのつもりが玄海町にまで来ちまった。ほとんど小旅行だな。」
 かねし「大満足♪」
 
        帰りは国道204号線を南下、肥前町を通って多久市へ。多久ICから長崎自動車道に入り(pm 4:40)、
        pm 5:00、無事東脊振ICに到着しました。
 
<おさらい>
  今回のドライブルートはこちら。→
    ※毎度のかねしお手製Mapです。位置関係を表しただけの
       簡略図なので、実際にお出かけの際はちゃんとした地図で
       ご確認ください。
 
  見帰りの滝へは、県道40号線から脇道に入りますが、
  相知町国道203号線から標識が出ていますので、従っ
  て行けば迷いません。
 
  玄海海上温泉パレアは、国道204号線に入口標識が
  あります。