×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おきらくくじゅうドライブ

 ◆初夏のくじゅうを満喫♪◆

(おきらくくらぶ’05年5/27号より)
 

 
        それは、よく晴れた土曜日のこと。
 
  とみし「かねし、起きろ!8時出発だぞ!」
  かねし「・・・はい?」
 
        朝7時、起きたらなぜかくじゅうに出かけることになっていました。あれれ? まぁ、いいさ、行こう行こう。
        小郡ICから大分自動車道で九重ICへ。四季彩ロードを通ってやまなみHWに出るのはいつものコース。
 
  とみし「思いつきで出てきたはいいが・・・  さて、どうしよう?」
  かねし「久しぶりにアレ食べたいな。」
  とみし「ああ、アレか。 いいねー♪」
 
        通り慣れた道をひた走り、最初の目的地に難なく到着。
 
【高原堂到着】
 かねし「わーい、高原堂のソフトクリーム久しぶり〜♪・・・って、あれ?
       お店が2つある。。。」
 とみし(いつもの方を覗いて) ん?『店は隣です』? おー!新店舗か!」
 
    なんと、しばらく来ないうちにお店が新しくなっていました。
 

 とみし「濃厚でいて口解けなめらか、後味さっぱり。」
 かねし「お店は変わっても、味は変わらないね。
 
    「おきらく」初公開、これが高原堂のソフトクリームです。1個300円。
 
 かねし「あー、おいしかった。 満足ー♪」
 とみし「小腹を満たしたところで悪いが、昼飯どうする?」
 かねし「・・・え?」
 
        おやつ直後にもう昼食の心配をするとは、さすが食のとみし。しかし、何分急なお出かけだったため、
        持ってきたのは地図と『外戸本5月6月合併号』、この2冊だけ。
 
 かねし「よし、こうなったらとことん外戸本で行くゾ! 幸い今月号はくじゅう情報満載だ。というわけで。
       久住高原新スポット『cafe BoiBoi』で高原ランチなんてどないだ?」
 とみし「ふむ・・・(外戸本を覗き込み) いいね。 よし、かねしナビ頼んだゾ。」
 かねし「ラジャー。 あ、帰りはこの『シェ・タニ』でパン買うからよろしく。」
 とみし「ホント、とことん外戸本コースだな・・・ (汗)」
 
【やまなみハイウェイを走る】
   外戸本に踊らされ、意気揚揚と久住高原へ向うとみし&かねし。
   まずはやまなみHW(県道11号線)を南に走ります。(画像左)
 

 かねし「うーん、晴れの日のくじゅうはいいね〜。」
 とみし「気持いいのぉ〜。」
 かねし「緑がすごくきれい。若葉がまぶしいよ。」
 
   牧の戸峠を越え、瀬の本から国道442号線を東へ。左手にくじゅう
   の山なみ、右手に草原を見ながらの高原ドライブは最高です。
   くじゅう花公園の入口を過ぎたあたりで・・・
 

 かねし「あ!あれかな?」
 
【cafe BoiBoi】
 
   『cafe BoiBoi』はくじゅう花公園のお隣、小高い所にポツンと建っ
  ていました。
 

 かねし「山小屋風のかわいいお店だね。」
 とみし「おっ、テラスがあるゾ。こっちで食おう。」
 
    テラスはペットの同伴OK。お隣の席は、ワンちゃん連れのご家
    族でした。みんなと一緒だからワンちゃんもさみしくないね。
 

 かねし「わし、オムライスセットにしようっと♪」
 とみし「オレ、カレーセット。」
 
【テラスからの眺め】
   遠くは阿蘇を望む広大な景色。草原を渡る風も心地よい・・・
   こうして座っているだけで癒されます。さて、お待ちかねのお食事は−
 

 とみし「うん、カレーはあっさり系だな。かねしのは?」
 かねし「卵が濃厚。そんでもってふんわりトロトロ〜。」
 
    このオムライス、なんでも地卵を使っているとか。
 

 とみし「オレ、なんでカレーにしたんだろ?」
 かねし「とみしって、いつでもどこ行ってもカレー食うよね。」
 
  
   ※オムライスセット、カレーセット共に¥1050。サラダ、ドリンク付
 
        お腹もココロも満たしたところで出発。次なる目的地・シェ・タニへ、来た道を瀬の本まで戻ります。
 
【シェ・タニ瀬の本高原店】
   お目当てのお店は、瀬の本交差点からやまなみHWを北に入っ
   てすぐの所にありました。小洒落た外観が目を引きます。
 

 かねし「うわぁ、プリンにケーキ、どれもおいしそう・・・
       うっ、メイプルロールは瀬の本店限定だって!
       くーっ、どれにしようかなー。」
 とみし「・・・パン買うんじゃなかったの?」
 
   そうでした。(爆) ここは素直にリッチブレッド¥630をお買い上げ。
 

 かねし「今度来たときはケーキセット食べたいな♪」
         ※ケーキセットはケーキ2種類&ドリンク1杯で¥998。
 
 とみし「さて、飯は食ったし、パンも買ったし、次は温泉と参りますかね。 いつもの所でいいか?」
 かねし「うん。いつもの所でいいよ〜。」
 
        再び牧の戸峠を越えて飯田高原へ向います。目指すはお気に入りのお風呂・
まきばの温泉館がある
        やまなみ牧場。
 
【やまなみ牧場】
 かねし「あー!ギュウがいるー!」
 とみし「ウシと言いなさい、ウシと! しかもあれは乳牛!
 
    牛を見るとついお肉を連想してしまう、食いしんボかねし。(汗)
 

 かねし「あ、あっちに黒いのがいる。あれはギュウでいい
       んだよね?」
 とみし「あれはニク(肉)だ。」    ・・・似たもの夫婦。
 
    お天気もいいし、せっかくなのでお風呂の前に、牧場内を歩いて
    みることにしました。
 

 とみし「おっ、かねし、こっちに子ウサギがいるぞ。」
 
        春は出産シーズン。牧場には色んな動物の赤ちゃんがいました。画像右下は羊の親子です。ほのぼの〜♪
 
 かねし「あ、こっちは子ヤギだ。」
 とみし「ユキ〜、おいでおいで。エサやるゾ〜。」
 
    しばし白い子ヤギとたわむれていると、ドスっという鈍い音と
    共に黒い子ヤギ登場。
 

 とみし「あ、ユキがド突かれた。」
 かねし「こいつ、暴れん坊(※)だ・・・(汗)」
 
    めくるめくハイジワールド。。。

       ※ アニメ『アルプスの少女ハイジ』に登場する黒くて大きな
         ヤギ。実際に彼が他のヤギをド突いたことはない(と思う)
 
    ひとしきり牧場で遊んで温泉館へ。ゆっくりまったり・・・
 
 とみし「あぁ、いい湯だった〜。 やっぱ、ここのお湯いいわ。」
 かねし「うんうん。 高原の風に吹かれながら浸かる露天も最高だね。」
 
        汗を流しさっぱりしたところで、くじゅうを後にします。帰りは県道40号線・九酔渓コースで。
        九酔渓といえばやはり・・・
 
【桂茶屋】
 かねし「初夏の九酔渓もいいね。緑があふれてる。」
 とみし「おい、かねし。こっちに変わった花があるゾ?」
 かねし「アッツザクラ? へ〜、かわいいね。」
 とみし「よし、買ってくか。」
 
    レジに持って行くと、そこにはお馴染みタヌキのお姉さんが。
 

 とみし「やった、”ポン”が聞けたゾ♪(※)
 かねし「とみし、うれしそう。(笑)」
      桂茶屋のスタッフは皆さんタヌキやキツネのメイクをして
         います。タヌキのお姉さんは「ありがとうポン!」など、
         タヌキ語で会話してくれるのだ♪
 
        渓谷美を堪能しながらゆるゆると山を下り、国道210号線へ。玖珠Aコープで豚足を買い、玖珠ICから
        大分自動車道に。食べて遊んでお風呂に浸かって・・・全てに大満足の高原ドライブでした。
   
<今回の戦利品>

【シェ・タニのパン】

【アッツザクラ】

   バター色の生地が印象的。見た目通り、バターがしっか
   り効いています。ふんわり&しっとりで美味。
   桂茶屋で買った鉢植え。(¥500) 多湿を嫌うらしいの
   で、水やりは気をつけなきゃ・・・です。育てられるかな?
   
<おさらい>
  今回のドライブルートはこちら。→
  位置関係を表わしただけの簡略Mapなので、お出かけの
  際はちゃんとした地図でご確認ください。
  ・・・というか、外戸本5月6月合併号を見ましょう。(笑)
  (今回のコース、外戸本そのまんまです。)
 
  ・ 高原堂は、県道11号線・621号線交差点のすぐそば。
   2件並んでいますが、向って右側が現在のお店です。
 
  ・ cafe BoiBoiは、国道442号線からちょっと入り坂を上
   った所に。丘の上の1軒なので、お店自体は見つけやす
   いです。
 
  ・ シェ・タニ瀬の本高原店は、この地図ではわかりにくいの
   ですが、県道11号線と40号線の分岐点近くにあります。
   シェ・タニは熊本では有名なケーキ屋さんだとか。今度
   行ったら絶対ケーキ食べるゾー!