×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*十二の景 紫陽花咲く千光寺*
(福岡県久留米市山本町)

<2005.6.21 Photo By かねし>

   
      「千光寺の紫陽花はとてもきれいですよ。」 以前草野町散策で訪れた歴史資料館
     館長さんの薦めで、6月の千光寺を尋ねてみました。
      耳納の山の麓にある千光寺は、木々の緑に囲まれ、それだけでも風情ある佇まいを
     見せるのですが、本堂の奥に周るとびっくり。 青に紫にピンク・・・ 色とりどりの紫陽花
     が咲き乱れ、まるで別世界。山の陰とのコントラストも素晴らしい。
      20年という歳月をかけて育てられた紫陽花の園は、まさにこの世の極楽でした。
   
【千光寺】
  中世この辺り一帯を治めていた豪族・草野永平が
 建てたもので、日本最古の禅寺の1つ。境内には、
 南北朝の時代征西大将軍として九州に派遣された
 懐良親王(かねよししんのう)のご陵墓があり、歴史の
 深さを感じさせられます。
  また本堂裏手には樹齢500年以上といわれるキ
 ンモクセイの大樹が。あの大きさは、ちょっと感動
 です。
 
  ※草野町という町名は、この草野一族の名に由来するとか。

 
◆◇◆ 紫陽花コレクション ◆◇◆
 

    白からピンクへ、ピンクから紫へ・・・ 土や水の具
    合で様々な色を見せる紫陽花ってホント不思議。
    青が目に鮮やかなガクアジサイ。雨が降ってい
    れば、もっときれいだったろうにね。

 

 

      <アクセス>
          
・JR久留米駅(or 西鉄久留米駅)より草野経由上原行き、もしくは善院行きのバスに乗り、
           バス停山本支所前下車。徒歩約10分。
 

          
※千光寺境内の見学は自由ですが、6月のあじさい祭り期間中は入場料200円です。

Home   Menu