×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*2006年の登り初め*

 ◆年の初めの・・・◆

(登山日:’06年1月3日)
 

        1月3日、2006年の登り始めに出かけました。出かけた先は2005年おきらくヤッホー大賞
        輝いた基山。今回は水門跡から史跡巡りコースを歩き、山頂を目指すことにしました。
 
【スタート】
  鳥栖筑紫野道を城戸ICで降り、水門跡がある丸林方面
  に向います。が―
 

 かねし「むー?一応史跡だし、城戸で降りたら
      標識の1つくらいあると思ってたんだけ
      ど・・・」
 とみし 「目印になるもの、な〜んもないな。」
 
  ある程度場所の検討はつけていたものの、見事に道に
  迷いました。(爆) 右往左往し、やっと水門跡に到着。
  近くのスペースに車を止め、am 11:00登山スタート。
 
          水門跡は丸林の集落を抜けた先にある。
 
【水門跡】
  歩道に入るとすぐ、左手に祠がありました。その昔、基
  山にあった山城・基肄城(きいじょう)跡の1つ、水門跡
  です。
  
 かねし「おや?祠に国旗が飾ってある。」
 とみし「正月だからか?とりあえず参拝だ。」
 
  もしかして、これが初詣???
 
 とみし「ところで、この四角い穴が水門か?」
 かねし「そうみたい。大宝律令の時代、ここを
       くぐって城内に侵入するのは大罪だっ
       たんだって。」←説明板より
 
【分岐】
  水門跡から水場を過ぎ、しばらく舗装路を歩くと分岐を
  示す標識がありました。
 
 かねし「左に行くと、山頂直行コースか。」
 とみし「山城の雰囲気が味わえるのは、右の
       史跡めぐりコースらしいゾ?」
 かねし「ふ〜ん。時間もあるし、ここはゆっくり
       古代ロマンに想いを馳せながら歩きま
       せうか。」
 とみし「そうだな。こっちの近道は帰りに通っ
       てもいいし。」
 
【礎石群】
  天智天皇の時代、大宰府防衛の要として建てられた基
  肄城。鐘橦堂、土塁跡、東北門、礎石群・・・ その跡を
  ひとつひとつたどりながら登ります。
  
 とみしこうして見ると、基肄城ってかなり大
       きかったんだな。」

 かねし「うん。まるまる山1こが要塞って感じ。」
 
 
山頂近くにある礎石群。礎石というのは建物の土台
   石。基山の史跡めぐりコースを歩いているといくつも
   の礎石群が見られます。当時城内には40棟以上の
   建物があったとか。
 
【山頂を望む】
  杉林を抜けると、いきなり視界が開けました。
 
 とみし「おっ、あれが山頂か?」
 かねし「前回、あそこから古処山や英彦山を
       見たんじゃなかった? ほら、丸い方位
       標識が見える!」
 とみし「なるほど。水門跡コースだとここに出
       てくるのか。」
 
  そう、この真裏が草スキー場。
前回天拝湖から歩いた
  のと反対側から登ることになるのですね。
 
【山頂からの展望】
  草をかきわけ標高404.5mの頂に着くと思わず歓声。
  
 かねし「わーっ、今日もよく見えるー♪」
 とみし
こいつは春から縁起がいいや。」
 
  北は博多湾、西には雪を冠った脊振山、東は遠く英彦
  山まで見渡せる展望は最高!― しかし・・・
 
 かねし「ひょーっ、風強いー! さ、寒・・・!」
 とみし「じっとしてると余計冷えるな。とっとと
       移動しようぜ。」
 
  山頂に立った感動もそこそこに、場所を移す2人・・・  
 
【タマタマ石参拝】
 かねし「こうして山頂まで来たからには、基山
       のご神体も拝んでおかないとね。」
 
  というわけで、ぼこぼこした地面「いものがんぎ」(防塁跡)
  を乗り越えてタマタマ石へ。タマタマ石は農耕の神さま。
 
 かねし「2006年が実り多き年になりますよう
       に・・・」
 とみし「さて参拝も済んだことだし、どこか風
       避けできる場所を探して飯にしよう。」
 
【ツバキ】
  草スキー場側に少し下るとツツジの植え込みがありま
  した。風避けにちょうど良いとザックを下ろします。
 
 かねし「あれ?石碑があるけど・・・」
 とみし「今日はほとんど人いなし、この風だ。
       ちょっと場所借りよう。」
 
  この石碑によると、基山は日本植林発祥の地だそうで。
  基山って奥が深いなぁ。まだまだ知らないことありそう。
 
 とみし「それにしても、ツバキきれいだな。」
 かねし「ホント、今が見頃だね。基山でお花見
       できるなんて思わなかった。」
 
        バーナー&コッヘルでお湯を沸かしコーヒーをいれます。寒かっただけにこの日のコーヒーは
        身に(胃に?)しみました。
 
  かねし「ところで、山頂に着いたの何時だった?」
  とみし「寒くてケイタイ(時計)見る余裕なかった。12時・・・くらいじゃないか?」
 
        東北門跡到着がam11:30だったのは確かなんだけどな。おそらくは、そこから30分くらいで
        来れたと・・・。 いかんな、あまりの寒さに計測不能。。。(汗)
 
        帰りは山頂東側から水門跡直行コースを。下り始めて20分ほどで先の分岐点に到着。
        初登りにはちょうどよい行程でした。

 

 

     風は強かったけど、お天気に恵まれ展望は最高。古の山城跡をめぐりながらの
     コースもなかなか味わい深いものでした。うん、実に新年にふさわしい山歩きだ♪
     この調子で今年も楽しい山登りができますように。
 

来年の年賀状に起用したい山頂のショット。←鬼が笑う?(笑)

 

 

<おさらい>
 今回のお出かけルートはこちら。→
  ※大体の位置関係を表わしただけの略図なので
    お出かけの際は、ちゃんとした地図でご確認下
    さい。

 
 水門跡へは鳥栖筑紫野道(有料)城戸IC
 から丸林方面に。公民館脇を通り民家に
 挟まれた細い道を抜けると、左手に「水門
 跡0.6Km」の白い小さな標識があります。
 道中行き先を示すのはこの標識のみ。
 ちょっとわかりにくいかも・・・です。
 

Home   Menu